我が家をご紹介します(ダイニング)〈9898〉

2017.09.30

我が家のダイニングを、ご紹介させてください。敷地は東南の角地なのに、以前の間取りは、ダイニングを広くするために、キッチンが北側にありました。対面キッチンにしたかったので、ダイニングを4帖まで狭くしました。4帖しかないダイニング、「ひとさま」の家ではできないことですね。できあがるまで心配でした。

我が家をご紹介します(ダイニング) 我が家は、大滝建築事務所の「リフォーム」の、ショールームを兼ねています。ご興味のある方は、ぜひ、いらっしゃってください。春になると桜が咲き並ぶ、遊歩道が近くにあります(2006年撮影)


ダイニングは、東側の道路に面した、北東の小さなスペースです。

「4帖しかないダイニング」を造ったのは、私としては初めてでした。

一般的なダイニングの天井の高さは、240cmほどですが、

我が家は、215cmとかなり低くしました。手が届く高さです。

この低い天井と相まって、この4帖のダイニングは、

我が家で一番、落ち着く場所となりました。

Image

天井の高さを低くした理由は、今回のリフォームにあたり、

2階の外壁の重さを、支えていた柱を抜くために、梁を入れたからです。

ですが、この補強梁を入れる必要がなくても、天井を低い高さに抑えて、

DEN(動物の巣穴)のような、スペースにするつもりでした。

日々の生活の中で、食事をしているひとときが、もっとも大切だと考え、

ダイニングでは、家族で親密な雰囲気を、共有したかったのです。

なので、ダイニングには、テレビからも遠ざけました。

Image

バリアフリー住宅では、「スキップフロア」といった床の高さの変化で、

部屋の雰囲気を、変えていくことができません。

天井の高さの変化は、それぞれの部屋の雰囲気を、変えるためにも有効です。

ダイニングの奥、北側の壁一面は、造り付けの本棚です。

本の表紙が、乱雑に見えてしまわないように、扉を付けました。

ダイニングの照明は、このペンダントのひとつだけです。

Image

間に合わせで簡単に造った、ダイニングテーブルが、そのままになっています。

狭いスペースなので、ダイニングテーブルを中央に置けません。

テーブルを出窓下の壁に取り付けることによって、一本脚にできました。

テーブルの天板は、しな合板を切っただけの簡単なものです。

しな合板は安価な材料ですが、表面が柔らかいので天板には不向きです。

使い込んでいくうちに、たくさんのきずが付き、拭いてもとれない、

黒ずみも付いてしまうので、本来、堅い木材を選ばないといけません。

Image

椅子は定番の「Yチェアー」です。Y字形のきれいな影、その名前の由来です。

ハンス・ウェグナー(Hans J. Wegner)によって、デザインされたものです。

仕上げは、ソープフィニッシュ(無塗装)、あたたかい艶がでてきました。

Yチェアーの座面は、「紙ひも」なので、ややよれてきました。

デザインがいいだけではなく、本当に座りやすいので、とても気に入っています。

実は、我が家のインテリアは、この椅子に合うように決めたのでした。

Image

廊下・キッチンの方を見ると、廊下の奥にある、玄関まで見通せます。

また、振りかえれば、出窓からは道路の様子も眺められます。

ダイニングとキッチンの、一体感を出すために、流し台の吊り戸棚はありません。

Image

キッチンからの配膳には、このカウンターが重宝していますが、

カウンターの高さが高すぎました。5cm下げ、105cmにすべきでした。

流し台に置いてある食器などを、隠そうとしたためでした。

食事を終えると、食器をこのカウンターまで運んでから、

キッチンの方へ回ります。狭いダイニングなので、キッチンまでは数歩です。

次回は、キッチンをご紹介します。