アプローチ(ぴったりとくっ付ける)〈9909〉

道路と玄関の繋ぐアプローチは、「たっぷりと長い距離をとる」、「ぴったりとくっ付ける」の2通りがあり、それぞれ長所と短所があります。このお住まいは、車の通りの少ない静かな住宅地でしたので、道路と玄関までの距離を、ぴったりとくっ付けました。

アプローチ(ぴったりとくっ付ける)

「麦わら帽子見たいな黄色にしたい」との要望を受けて、外壁の色は不思議な黄色になりました。玄関ポーチの床タイルを探すも、なかなか似合うものが見つからず、オレンジ色の天然石になりました(2017.09.19)


例えば、道路から玄関までの距離を、離した住まいの方が、

「奥行き」があって、「風格」がある住まいになります。

その反面、ご近所さんが気軽に立ち寄りにくくなり、

コミュニケーションが、取りにくくなってしまうかもしれません。

Image

一方、このお住まいのように、道路と玄関までの距離が短いと、

ご近所さんが、気軽に立ち寄れるよりやすくなります。

このお住まいでは、そんなオープンな玄関ポーチを願いました。

玄関ポーチに求められることは、つなぎ合わせることです。

「公」である街並み・道路と、「私」である住まいとを。

Image

住宅地の角地に建つ建物は、望むか望まないかに関わらず、

その住宅地の、シンボルになっているように思います。

このお住まいが建つ住宅地は、1区画の敷地が広く、緑も多い住宅地です。

この「麦わら帽子見たいな黄色」のお住まいで、通りが明るくなりました。

「ご近所さんが気軽に立ち寄りやすい」印象を与える、この玄関ポーチも、

通りを明るくするのに、貢献しているようです。