アクセシブル(すべての人が持つ障害)〈9911〉

〈9912〉の後編です。私が初めて造らせていただいた、バリアフリー住宅、このOさんのお宅には、度々お伺いしています。先日お伺いしたときに気づいた、「大切な何か」について、記事に書きながら、自分の考えを整理していきたいと思いました。

アクセシブル(すべての人が持つ障害) このお住まいは、1995年1月に竣工しました。その当時、「バリアフリー」という言葉は、まだ聞かれませんでした。私が初めて対面した車いすユーザーは、このOさんなのです(2017.09.17)


Oさん宅に、久しぶりにお伺いしました。リビングで談笑していると、

玄関の方から「ピンポン」と、チャイムの音が鳴りました。

Oさんが玄関に出向くと、郵便局の方でした。

荷物だとわかると、Oさんは一旦リビングに戻り、ハンコを取り出し、

また玄関へ行って、荷物を受け取りました。

「ごめんなさいね」と、Oさんはすぐに、リビングに戻ってきました。


取り立てる程でもない場面ですが、その時に気づいたのです。

「あっ、これがバリアフリー住宅なのだ」と。

この一連の流れの中では、Oさんが健常者だとしても、全く同じはずでした。

そこには、「障害者」と「健常者」とを、分かつものは何もありませんでした。

Image

反対に、このOさんの住まいが、バリアフリー住宅ではなかったらどうなのか。

• 玄関の上がり框の段差で、玄関ドアの鍵を開けることができない。

• 幅の狭いドアでは、玄関に行くのに何回も切り返しをしなくてはならない。

• そのために、来客を待たせることになってしまう。

そのような住まいでの生活では、Oさんは「障害者」になってしまいます。

また、来客にベンチに座ってもらえば、来客の目線と車いすの目線は同じになる。

この小さな「こころのバリアフリー」も、大切にしたかったことでした。


Image

大滝建築事務所では、障害の有無に関わらず、ひとりの住まいてさんとして、

お迎えするだけです。それ以下でも、それ以上でもありません。

「常に最前を尽くしたい」と考えていますが、新たな疑問が湧いてきました... 。

「そもそも、そういう私自身は健常者なのだろうか... 」

Image

ユニバーサルデザインの提唱者である、ロナルド・メイス。

メイスが亡くなる直前の、最後のスピーチに、その答えが見つかりました。

「ユニバーサルデザインの展望(A Perspective on Universal Design)」と、

題されたスピーチで、「ユニバーサルデザイン」について定義する場面です。

ユニバーサルデザイン(Universal Design)

ユニバーサルデザインは、広くユーザーを定義します。

特に障害を持つ人々ではなく、すべての人々に焦点を当てています。

「誰もが障害を持っている」という考えを前提としています。

私たちは、それを認めたいかどうかに関わらず、

年齢を重ねて能力を失うにつれて、

私たちは皆、障害を持つようになります。

『ユニバーサルデザインの展望』ロナルド・メイス

すべての人が持つ障害(disability)

ここで注目したいのは、メイスが「disability(障害)」のある人と、それ以外の人を分けようとする、世間の常識を打ち破ろうとしていたことです。

実はユニバーサルデザインの根底にあるのは、すべての人が「障害のある人」なのだという考え方であることを語りました。

なぜなら、人は誰でも年齢を重ね、それまでできたことができなくなっていくという「dis-ability(能力の低下や喪失)」を経験しながら生きるものだからです。

『哲学における「アクセス」』浅野紀予


「私自身は健常者なのだろうか」という自問に対しての答えは、

なるほど、「私も障害のある人」だということなのですね。

「障害」の定義は、その人にあるのではなく、

その人の周りの環境によって、決定されるものでしかない。

そして、それは『変えられる』ものである。

アクセシブル(障害とは環境に属する)〈9912〉

私のバリアフリーの原点となったOさんから教わったことを、

その後に続く住まいてさんから教わったことを、

さらに続く住まいてさんに伝えていくことが、

私の役割だと考えるようになりました。