アクセシブル(障害とは環境に属する)〈9912〉

以前、「バリアフリー住宅に詳しいと思って依頼したが、障害者の気持ちがわかっていない」と、言われたことがありました。私は反論をせずに、「その通りかもしれません」という意味で、少し頭を下げました。その時に感じた違和感のようなものが、今になって整理されてきたので、記事にします。

アクセシブル(障害とは環境に属する)

このお住まいは、私が初めて造らせていただいた、バリアフリー住宅です。阪神・淡路大震災が発生した、1995年1月に竣工しました(2017.09.16)


その後、工事は始まり、無事に竣工を迎えることができましたが、

住まいてさんから、私が感じ取れていないと言われた「障害者の気持ち」。

「障害者の気持ち」と「健常者の気持ち」に、どのような違いがあるのか。

私は「違いなどない」と考えていました。今も、その考えは変わりません。

もしかすると、私のこのスタンスが、気に障ってしまったようでした。


そもそも、「わたし」は「ひと」の気持ちを、理解できるのでしょうか。

例えば、家では家族に対して、仕事では住まいてさんや職人に対して、

できるだけ、それぞれのひとの気持ちを、汲み取ろうとはしています。

ですが、どの程度、私が理解できているのか、私にはわからないのです。


そもそも、「障害者」と「健常者」とを分かつもの、とは何でしょうか。

以前、バリアフリー情報誌の編集長から、こんな話を聞いたことがありました。

タバコに吸うときには、「マッチ」よりも「ライター」が便利だが、

戦後、ライターが普及したのは、傷痍軍人が片手で点火できたから。

体の機能を補うという点では、メガネも車いすも同じなのに、

メガネをしている人を障害者とはいわずに、

なぜ、車いすに乗っている人を障害者というのか。

「障害」の定義は、その人にあるのではなく、

その人の周りの環境によって、決定されるものでしかない。

 

「障害」の定義は、「個人」にではなく、「環境」に属するものであり、

そして、絶対的なものでなく、可変的ものであると気づいたのでした。


ここでひとり、私のバリアフリーの原点である、Oさんをご紹介させてください。

Oさんのお住まいが、私が初めて造らせていただいた、バリアフリー住宅でした。

Image

1995年に竣工してから、2017年で22年ほど経ちますが、

Oさんのお住まいには、度々お伺いしています。

先日お伺いしたときに、そこで私は、「大切な何か」に気づくことができました。