我が家をご紹介します(1階和室の本棚)〈9914〉

2017.09.14

『軒を貸して母屋を取られる』。一部を貸したばかりに、全部を取られることのたとえです。我が家のLDKの脇には、6帖の和室があります。2008年、奥行きの浅い床の間に、建築書籍専用の本棚を造りました。そして数年後、小学生になった娘に、ひとマスを使わせることになりました。

我が家をご紹介します(1階和室の本棚) 床の間の真ん中に床柱があり、その床柱を残し左側は高い本棚。右側は本棚は収納よりも、床の間としての機能を優先しました。お正月に神社いただいたお札を置いています(2008.03.02)


Image

板の切断面のことを、小口(コグチ)と言います。

小学校の机の小口(コグチ)は、こんな積層になっていませんでしたか。

この板は「シナ合板」と言います。 広葉樹の「シナ」を表面に貼った合板です。

優しい木目で、造作しやすい柔らかい材質で、家具や建具などに用います。

木版画の板や、アイスクリームのヘラなども、シナで作られています。

そんな思い出からなのか、安価だからなのか、「シナ合板」よく使います。

シナのよさを消さないように、水性ウレタンのクリア塗装にしました。

Image

本が転ばないように「間仕切り」を多く造り、「マス」のようにしました。

「棚板」は間仕切りに固定せずに、上下に動かせます。

基本の高さは、A4サイズの書籍の高さ30cmに、指を入れる隙間2.5cmを、

加えた32.5cmです。背板は取り付けませんでした。

本棚の下部は奥行きを深くして、画集や設計図集など、

背の高い本を置けるようにし、オーディオ機器も、ここに収納します。

Image

板の厚みは「24mm」で、ずいぶんと頑丈に見えます。

その頃は、ちょうどいい厚みに思えましたが、

今作るのなら、板の厚みは「21mm」を選びます。

私が20代の頃は、板の厚みは「27mm」で作っていました。

この板の厚さに限らず、建築には、その時代の「空気感」というか、

誰が決めるという訳でもない、「気配」みたいなものがあるのです。

その「空気・気配」に迎合しすぎると、個性的でない」と言われたり、

それとは逆に「空気・気配」を無視すると、

「古い」とか「違和感がある」と感じてしまうのです。

Image

娘の成長に比例するように、「ひとマス」は「ふたマス」になり、

建築書籍はやがて、娘の本や文房具、ランドセルに置き換わっていきました。

私の書斎だったはずの和室は、家族の多目的な部屋になってしまうと、

「縦に組まれた間仕切り板が不便」だという、会話が聞こえてきました。

『軒を貸して母屋を取られる』、まさにこんなことをいう、ことわざなのですね。