黒衣(くろご)の2階建て:上棟〈9961〉

2017.07.29

以前から疑問だった「祝辞 曇り」を検索してみると、知恵袋のページが出てきました。ベストアンサーは『くもりについては、ふれないほうが良いと思いますよ』とのことでした。とは言え、こんな曇りの日こそ、真夏に屋外での工事を安全に進めるには、最適な天候なのです。それでも喉はよく渇く。

黒衣(くろご)の2階建て:上棟 黒衣(くろご)とは、『歌舞伎(かぶき)で、役者の後見役。また、後見役が着る黒い装束』。黒衣のように、屋根も外壁も真っ黒な外観になります(2017.07.29)


Image

1階の柱は、昨日のうちに立てておきました。

今日は、2階の床から屋根までを組み上げます。

Image

どんなに大工が丁寧な仕事をしても、木材を鉄よりも、

強くすることはできません。鉄のパイプのような接合金物で、

土台と柱との接合します。建物の角には大きな力がかかりますが、

この金物は、3トンの力で引っ張っても抜けない耐力があります。

Image

柱と梁は、2枚の鉄板のような金物で接合します。

適材適所、ハイブリッドな工法です。建物全体に強度を持たせる工法です。

接合金物を使う、もう一つのメリットは、金物を木材の中に隠せることです。

この建物は多くの梁が、室内に表れるデザインなので、好都合なのです。

Image

小雨が降り始めたのは、15時を過ぎた頃からでした。

木工事が17時頃に終了すると、できるだけ木材が雨に濡れないように、

ブルーシートで建物を囲いました。小雨がそぼ降る中、

屋根の職人が、屋根に防水シートを敷くと今日の工事は終了です。

最近、ニュースで、建築工事中の事故を聞くことが多くなりました。

建築工事で一番大切なことは、事故を起こさないことなのです。

屋根の勾配など、建物の外観を設計するときは、

職人に無理をさせず、「安全に作業できるか」も、大切なポイントです。

Image

外観と言えば、この建物は周囲の建物と比べると、

大きな建物になってしまいました。

ですので、出来るだけ建物を、小さく見せる工夫を考えました。

道路に対しては、建物の間口を狭くして、屋根を低くしています。

Image

さて、内部はこんな感じです。ちらっとお見せします。

屋根と外壁は、真っ黒な黒衣(くろご)のようですが、

一転、内部は明るい板貼になります。

「外観から受ける印象を裏切る」ことを、密かに企んでいて、

今から、ワクワクしています。