Oさんから頂いた手紙「心地良い場所」〈9970〉

2017.07.20

Oさんのお住まいが竣工してから1年ほど経ち、お住まいのご感想が書かれている、ありがたいお手紙をいただきました。「シンプルで居心地のよい住まいにしたい」というご要望に対して、ゆっくりと1年ほど設計に時間をかけ、Oさんに負担がかかりすぎないようにしました。

Oさんから頂いた手紙「心地良い場所」 「ご主人のリタイアに合わせて住まいを建て替えたい」とのご依頼でしたが、「朝日新聞コラム - 居心地のよい住まい」をお読みいただいたことが、きっかけになりました。


1. リビングと寝室の広いワンルーム

「一日中、引き戸を開けたままで、広くてとても気持ちよい」

Image

ベッドに横になったときも、リビングにいる家族さんと一緒でいられます。

Oさんの寝室は1階と2階の2室あります。

1階の寝室で日中を過ごし、夜は2階の寝室で、ゆっくりと休むことができます。

2. 書斎

「家の中で一番落ち着く」

Image

書斎は2階の北側にあります。階段を上がってすぐの部屋です。

この敷地の一番いい眺めを楽しむため、「コーナー開口」になっています。

3. 階段の本棚

「これがなかったら,寝室に本棚が必要でした。本棚の横に窓があり明るい」

Image

本を選びにこの本棚に来たとき、少し窓から外の景色を眺めることができます。

リビングを通り抜けた風は、この窓から抜けていきます。

4. 寝室のFix窓コーナー

「とても落ち着く。気持ちよい。庭木の花が咲くのが楽しみ」

Image

寝室の掃き出し窓の脇に、小さな机を造りました。

机に向かうと正面の小さな窓から、庭の隅まで見通せます。

「コーナー開口」になっています。

5. リビングのFix窓

「明るくて楽しい。雨戸を閉めても、外の降る雪が見えた」

Image

ダイニングテーブルの脇の壁に、小さな窓を造りました。

庭を眺めるための窓なので、Fix窓にしました。

この窓の両隣りは、電動シャッター付きの掃き出し窓です。

6. デッキ

「地面から床が高いので、これがなかったら、外に出られなかった。とても楽しい」

Image

デッキには、3か所の掃き出し窓(左から、キッチン・リビング・寝室)から行き来できます。

ぐるりと回れる「回遊動線」になっています。

7. トイレの窓コーナー

「この一角はとても、面白く明るい」

Image

トイレの窓も「コーナー開口」になっています。

コーナー部分に手洗いを取り付け、手を洗うときに、外の景色が目に入ります。

トイレは車いすでも使いやすい、ゆったりした広さです。

8. お風呂(ユニットバス)

「浴槽の縁に座って足浴ができる。手すりがたくさんで助かる。浴槽の背中が直角。脚を伸ばした長さベスト」

Image

腰に負担を掛けずに入浴できるよう、ベンチ付きのユニットバスを選びました。

日中に入浴したいとのことでしたので、東側から採光できる位置です。

9. 2階廊下の突き当たりの窓

「夕焼け夜空が見える。透明にして良かった」

Image

廊下の突き当たりに、窓があるかないかで、その廊下の印象は大きく変わります。

廊下や階段を行き来するとき、視線の先にあるもの、

「アイストップ」を大切にしています。

10. 掃き出し窓のさん

「下から60cmで、外を見るのに、とてもきれい」

Image

掃き出し窓の「開け閉めしやすさ」は、ガラスの厚さで決まります。

中桟を入れることで、ガラスの厚さを薄くできました。

中桟の高さ(60cm)は、ソファーに腰掛けたとき、目障りにならない高さにしました。


Image

「テレビ台の上に、着工前に作成した模型を飾っています」とのこと。

敷地東側の一辺が斜めになっていて、

この部分を無駄にしなければ、南側の庭が広くとれます。

1階は左側のから、キッチン、ダイニング、リビング。

右側の少し出っ張っているところが、1階の寝室、2階の寝室です。