黒衣の2階建て:田んぼのような水面〈9976〉

2017.07.14

暑くなってきたこの時期、庭の植木への水やりが欠かせなくなってきました。実はコンクリートも同じように、この時期「水やり」が欠かせないのです。と言うのも、日差しが強いとコンクリートの表面が、ひび割れてしまうからです。

黒衣の2階建て:田んぼのような水面 まるで、田んぼのような水面(約100m2)。「湿潤養生」と言います(2017.07.14)


コンクリート床を、午前中に打設し終えました。

数時間経ってから、もう一度現場に戻りました。

コンクリートの表面に、1cmほどの水盤をつくるためです。

この水盤が、夏の強い日差しによる急激な乾燥を防ぎます。


建築の工事では、後に他の材料で見えなくなる「下地工事」と、

そのまま仕上りとなる、「仕上げ工事」とがあります。

このコンクリート面は、このまま店舗の床となってしまうので、

とても、気になっていましたが、無事に打設し終えたので、

ここ数週間の心配がなくなり、胸が少し軽くなりました。

Image

いざ現場が始まると、私ができることは限られていますが、

この作業なら私でもできます。明日からは7月の3連休なので、

毎日、水撒きに来るつもりです。

『そこに自生していたかのような建物』が、

あるべき建物の姿だと聞いたことがあります。

このように手間をかければ、その姿に近づいていくように感じました。