ガーデニングを楽しめるスロープは、寝室につながる〈2014-0412〉

2011.11.05

頸椎損傷の70代の男性は、室内外ともに車椅子を利用しています。社交的なご夫婦がいっしょに外出しやすいように、庭にスロープとデッキをつくりました。奥様が丹精こめて手入れをしている庭を楽しみながら、緩やかなスロープを上がると寝室があります。

ガーデニングを楽しめるスロープは、寝室につながる 寝室前のデッキ。出入り口に段差がないので、いつでも夫婦2人で季節の移り変わりを楽しめます。


ガーデニングを楽しめるスロープ

ガーデニングが大好きな奥様です。段差がある玄関からは、車椅子で外に出ることができません。

「外に連れていってあげたい」、「庭を2人で楽しみたい」という奥様の希望がありました。

ガーデニングを楽しめるスロープ

そこで、出入りしやすく、外に出て行きたくなるようなスロープを、玄関だけではなく直接、寝室の掃き出し窓までつくりました。

ガーデニングを楽しめるスロープ

外出時の出入り口。玄関を使わなくても、楽に出入りができます。大好きな図書館へはここから出発。

ガーデニングを楽しめるスロープ

このスロープが、地域とのつながりをつくり出すことを願いました。

ガーデニングを楽しめるスロープ

ガーデニングを楽しめるスロープ

ガーデニングを楽しめるスロープ

「居心地のよい住まい」「スロープ - 玄関使わず居室から出入り -」のコラムにも、Yさんの住まいを書きました。