車いすから移乗しやすい「お座敷浴室」を、ユニットバスで造る〈9641〉

2018.07.30

このお住まいのふたつ目の浴室は、寝室と繋がる洗面室に造った、「車いすユーザー専用のユニットバス」です。車いす座面から、水平に移乗できる様に、「車いすの座面高さ、洗い場面の高さ、浴槽の高さを、できるだけ近づけた、お座敷浴室にしたい」とのことでした。浴室を在来工法で造るのなら、その様にできますが、リフォームでは在来工法で造ることができず、ユニットバスを選択せざるを得ませんでした。そこで、洗い場全面に「入浴台」を並べて、かさ上げすることになりました。

車いすから移乗しやすい「お座敷浴室」を、ユニットバスで造る ユニットバスは、たくさんのラインナップから選ぶことができますが、「洗い場面の高さが高いもの」はありません。既成ではなく特注製作のユニットバスであれば、その様にできますが、高価であり納期が長く必要になってしまいます( 2018.07.30)


車いすから移乗しやすい「お座敷浴室」を、ユニットバスで造る

たくさんのユニットバスから選んだのは、少し変わった、

「ベンチ付きユニットバス」で、2帖(1616)サイズです。

このユニットバスは、洗い場の壁にベンチが付いていて、

ベンチに座った姿勢で、鏡とシャワーを使うことを想定しています。

壁には、背もたれのクッションが、浴槽まで続く様に付いています。

車いすから移乗しやすい「お座敷浴室」を、ユニットバスで造る

ベンチ・浴槽と同じ高さに合わせ、入浴台を洗い場一面に並べます。

3台に分けて製作し、できるだけ引き戸まで近づくようにしました。

車いすから移乗しやすい「お座敷浴室」を、ユニットバスで造る

洗面室からは40cm程の高さになり、車いすの座面からは、

5cm程低くなってしまいましたが、移乗には問題ないとのことでした。

ですが、歩いて入るには高すぎるので、踏み台があった方が良さそうです。

車いすから移乗しやすい「お座敷浴室」を、ユニットバスで造る

浴室に限ったことではないですが、大切なことがあります。

「オシリにキズが付かない様にする」ことです。

入浴する際は、入浴台は直接オシリに触れることになります。

入浴台の表面は柔らかい厚めのマットでしたが、

さらに柔らかくするために、マットを敷き詰めました。

車いすから移乗しやすい「お座敷浴室」を、ユニットバスで造る

車いすユーザーは、壁の背もたれに寄りかかり、

入浴台に脚を広げて、座った姿勢を保ちます。

この様な入浴の仕方でも、シャワー水栓や鏡の位置も、

都合のいい場所になっていたのは、幸いでした。

住設機器メーカーの、想定していない入浴かもしれませんが。

車いすから移乗しやすい「お座敷浴室」を、ユニットバスで造る

ユニットバスの隣りには、トイレもあります。

新築住宅であれば、ユニットバスではなく、

在来工法の浴室で、自由な寸法で造ることができるのですが、

浴室リフォーム工事では、在来工法で造ることが困難です。

ユニットバスに「ひと工夫加える」ことが、

浴室の現実的な、バリアフリーリフォームです。