90m2の全面改装 - 4人家族が快適に暮らせるように -〈2015-0405〉

2014.04.22

ご夫婦と、ふたりの子どもさんの4人住まいです。全面リフォームをしてから転居することになりました。新しい住戸は床面積が90m2程ある、見晴らしのいい明るい角部屋です。この好環境を生かせるようなリフォームを考えました。

90m2の全面改装 - 4人家族が快適に暮らせるように -


マンションリフォーム

LDKと和室をワンルームにしました。広がりが感じられるように、間仕切り壁を撤去していきました。壁で間仕切られていたキッチンも、壁をなくしリビングとの一体感がでるようにしました。床はコルク貼り仕上げ、床下地には遮音マットを敷き込みました。

マンションリフォーム

対面式のキッチン、流し台と造り付けの食器棚の配列です。梁型をさけるために、流し台の間口よりも吊り戸棚を小さくしました。カウンターの隅は丸くしました。

マンションリフォーム

流し台の側面にもカウンターと同じ高さの腰壁を造りました。こちらも、大きく面取りをして、安全な形にしました。流し台は幅木部分も引き出しになっているものにしました。

マンションリフォーム

この造り付けの収納家具は、多目的なものになっています。左の引き出しと、その下の戸棚は鍵などの小物や、家族共有のものを収納します。

引き出しの上にはコンセントを付け、今や必需品の携帯電話と、その充電器の置き場所です。

マンション全体のインターホンは大きいので、取り付ける壁を引っ込めてあります。その壁は、奥に置かれる電子レンジの目隠しにもなります。右奥に部分は食器棚として使われます。

マンションリフォーム

洗面室はT字型の変形した空間です。浴室のユニットバスをひとまわり大きくしたので、になりました。広い浴室を優先しました。手前側は、左が収納で右が洗面台です。正面奥は洗濯機スペースで、吊り戸棚を付けました。

左奥がユニットバス、右奥の建具はキッチンへの近道になっています。この建具によって、「廊下→キッチン→洗面室→廊下」と、ぐるりとひとまわりできる、回遊性のある動線になりました。

マンションリフォーム

LDKに隣接する和室です。リフォーム前も和室でした。この和室は、寝室と客間の多目的に使われます。多目的な用途には、洋室よりも和室の方が便利です。

マンションリフォーム

床の間は持て余してしまうので、吊り戸棚と、飾り戸棚を造り、収納にしました。建具はあえて、しな合板の生地仕上げとして、新旧のコントラストを楽しむようにしました。

マンションリフォーム
マンションリフォーム

和室はコーナー開口できます。建具は壁の引き込まれる引き戸になっています。角柱を抜きましたので、開けたときの一体感がでるようになりました。

マンションリフォーム

廊下の向こう側には、子ども部屋があります。廊下に面する戸は、ガラス戸にしました。窓のない廊下が、日中、暗くならないようにするためです。

マンションリフォーム

廊下の隅に書斎を造りました。天井までの造り付け本棚を、間仕切り壁にして、スペースを有効利用しました。既製品の本棚の奥行きは30cmが多いのですが、A4ファイルの合わせた23cmまで少なくて、書斎のスペースを確保しました。

マンションリフォーム

左右対称のガラス戸は、ふたりの子どもさんの寝室です。もとは一部屋だった洋室を、2等分にしました。開けっ放しにできるように、片引き戸にしました。

戸にはさまれた壁も戸と同じ、しな合板を貼り、ひとまとまりにして、門のようなデザインにしました。廊下にこの部屋の灯りがこぼれるように、ガラス戸にしました。ガラスの形状は、面をとった5角形にして、向かいあっています。

マンションリフォームマンションリフォーム

この2部屋は、壁で間仕切るのではなく、造り付けの収納家具で間仕切りました。収納家具の間口は2.7m程あります。

2等分された寝室は3帖程になってしまうので、この収納家具で収納を充実させました。

収納家具は、本棚・洋服入・机の3点セットが向かい合わせに2組あります。

マンションリフォームマンションリフォーム

机は出窓側に造り、ひとつだけの出窓を、仲良く半分ずつ分けました。出窓は風当たりが強く、隙間風が入りやすかったので、樹脂製の後付サッシを取り付け、2重サッシにしました。

マンションリフォーム

洋服入の下部は2段の引き出しにしました。子どもの寝室は、子どもの成長に合わせて、使い方が変化するものです。家具間仕切りは、将来は移動させられることが可能なので、変化に対応しやすいメリットもあります。