街角に建つ3階建ての併用住宅〈3820-2018〉

2017.11.23

2017年10月から、工事が始まりました。県道と市道の角地に建つ、3階建ての住宅です。街角に建つ建物は、その街並みに対して「責任」を持ちます。車も人もたくさん通ります。狭くるしさを与えないように、交差点から建物を後退させました。大きなバルコニーが気持ち良さそうです。

街角に建つ3階建ての併用住宅 高さは9.5m、奥行きは約8.4m、間口は約7.5m。その立方体から、3階バルコニーと、玄関ポーチとを、くり抜いた形です(2017.09.09)


今まで、住まいてさんに内緒にしていたことがあります。3階のバルコニーについて、「交差点の角に向かって、大きなバルコニーを造り、道ゆく人たちに、狭くるしさを与えないように」とだけ、説明していました。実は...


昨日の上棟工事も無事に完了し、今日は「木工事のスタート」というよりも、この先、木工事が円滑に進んで行くような、準備になります。まずは骨組みだけの外壁を、ブルーシートで包んでいきます。雨が降っても、でき...


県道に面した敷地なので、車や人の行き来が多く、いつもよりも一層、安全に配慮した上棟工事になります。材料を何十回も引き上げる、レッカー車が到着しました。ここは通学路にもなっているので、子どもさんたちが登...


建物が建つ敷地の地盤の強さは、「1m2あたり何tの荷重に耐えられるか」を検討します。建物の荷重は、1階建て、2階建て、3階建てと、大きくなっていきます。ここに建つのは3階建て、地盤には「1m2あたり3...


2017年10月から、工事が始まりました。県道と市道の角地に建つ、3階建ての住宅です。街角に建つ建物は、その街並みに対して「責任」を持ちます。車も人もたくさん通ります。狭くるしさを与えないように、交差...