1年かかり竣工した古民家改築 - まちの家 赤坂宿〈2015-0427〉

2017.03.25

地域のみなさんが気軽に立ち寄れる場所を造りたいと、 NPO法人から連絡があったのは1年前の2012年6月。訪ねると築100年の古民家だった。1年かけて建物は竣工し、2013年4月にオープン。多い時は20人ほどの地域の方々が集まるそうだ。「来る前より、ちょっと元気に」ひとりひとりの小さな元気が、地域への元気へと広がっていくはずだ。こんな楽しい計画に参加させてもらったことに感謝している。

1年かかり竣工した古民家改築 - まちの家 赤坂宿 2013.06.08


築100年の古民家改築 - 地域の方々が立ち寄れる場所に

築100年の古民家改築 - 地域の方々が立ち寄れる場所に

赤坂宿(あかさかじゅく)は、江戸から数えて56番目の中山道の宿場町。築100年の木造2階建ての古民家を、地域のみなさんが立ち寄れるような場へと改築する計画が始まる。100年前の建築当初は「置屋」で、夜通し三味線で賑やかだったそうだ。古いとはいえ寺院建築ではなく商業建築、中に入ると何とも粋な建築だった。また賑やかな場になるように、高齢の方でも安心して訪れられるように。

理事長の杉浦さんより「まちの人たちがみんなキラキラ輝いていられるために、誰もが気軽に立ち寄れ、立ち寄る前よりちょっと元気で帰っていける、そんな場づくりを目指しています」

NPO法人 まちの家 赤坂宿

まちの家赤坂宿 新しくなりました!