「看護士の勉強をする学生はみんな読んでいる」と、友人に紹介されたのは1998年、30代の前半の頃です。ナイチンゲールの関心が看護のみに留まらず、病院、建築、福祉などにもあったことが、私の住まいづくりに役立つのではと、その友人は考えてくれたようです。(2017.07.22)

部屋の窓の位置は、なんとなく壁の真ん中あたりに、つくることが多いようです。しかし、自分が設計してきた住まいを振り返ると、部屋の隅に寄せてつくる「コーナー開口」が多いです。その部屋の印象は、壁紙などのインテリアだけではなく、窓の大きさや位置により決まります。(2017.07.21)