障害は人にあるのではなく、環境にあり変えられるもの〈102〉

車いすユーザーのOさんのお住まいは、私が初めて造らせて頂いた、バリアフリー住宅です。私ひとりが設計したのではなく、Oさんとともに車いすで生活する上での問題点を、ひとつひとつ解決していきました。

障害は人にあるのではなく、環境にあり変えられるもの


例えば、玄関室は狭いのですが、上がり框の段差をなくしたり、

玄関やリビングの引き戸の幅を広くして、バリアフリーにしました。

障害は人にあるのではなく、環境にあり変えられるもの

私がOさんのお宅に、久しぶりにお伺いした時のことです。

リビングで談笑していると、

「ピンポーン」と、チャイムの音が鳴りました。

Oさんが玄関室に出向くと、郵便局の方でした。

荷物だとわかると、Oさんは一旦リビングに戻り、ハンコを取り出し、

また玄関へ行って、荷物を受け取りました。

障害は人にあるのではなく、環境にあり変えられるもの

『ごめんなさいね』と、Oさんはすぐに、リビングに戻ってきました。

この一連の流れの中では、Oさんが車いすユーザーではなく、

健常者だとしても、全く同じはずでした。そこには、

「障害者」と「健常者」とを、分かつものは何もありませんでした。

障害は人にあるのではなく、環境にあり変えられるもの

取り立てる程でもない場面ですが、その時に気づいたのです。

「あっ、これがバリアフリー住宅なのだ」と。

バリアフリー住宅とは、特別な住まいではなく、

あたり前のことがあたり前にできる、住まいのことなのだと。


バリアフリーではなく、段差のある一般的な玄関室だったとしたら、

どうだったのだろうかと、我が家の玄関室に立って想像してみました。

障害は人にあるのではなく、環境にあり変えられるもの

「上がり框の段差がある」

 → 土間に下りられず、玄関ドアの鍵を開けることができない。

「狭い廊下、狭いドア」

 → 玄関室に行くために、何回も切り返しをしなければならない。

結果、来客を少しの時間でも、待たせることになってしまい、

きっとOさんは、来客に対して申し訳なく、思うことでしょう。

我が家の様な「バリアフリーではない」玄関室では、Oさんは、

健常者と同じ様には対応できず、「障害者」になってしまいます。

障害は人にあるのではなく、環境にあり変えられるもの

対してOさんのお住まいの様な、「バリアフリー」な玄関室では、

健常者とまったく同じ様に、来客を出迎えることができました。

下肢に障害を持つ車いすユーザーを、住まいづくりの工夫によって、

障害を感じさせない様にできると、私は確信したのでした。

障害は人にあるのではなく、環境にあり変えられるもの

「障害者」と「健常者」とを分かつもの、私はこう考えました。

「障害」は、その人にあるのではなく、環境にあり、

そしてそれは、変えられるものであること。

障害は人にあるのではなく、環境にあり変えられるもの

Oさんのお宅にお伺いした時の一場面、思いがけなく、

バリアフリーを再発見する、気づきがあったのでした。

私のバリアフリーの原点となった、Oさんから教わったこと、

その後に続く、たくさんの住まいてさんから教わったことを、

さらに続く、住まいてさんたちに伝えていくことこそが、

私の役割なのだと、考えるようになりました。

私はいつでも、この気持ちを忘れない様にしています。

仕事としてだけではなく、私のライフワークとして、

今造っているこの住まいが、最後の1棟なるのだとの思いで、

日々、バリアフフリー住宅に向かい合っています。