調理手順に合わせた、コの字型バリアフリーキッチン〈119〉

「車いすで使いやすいキッチンにしたい」とのご依頼に、キッチンの全体計画から考えました。「コの字型」のバリアフリーキッチンは、調理手順に合わせ一筆書きの様に連続する、調理動線になっています。左から、冷蔵庫 → シンク → IHコンロ、最後はテーブルに到着します。

調理手順に合わせた、コの字型バリアフリーキッチン


左側の冷蔵庫から取り出した食材は、冷蔵庫右のカウンターへ並べ、

シンクで洗い、下ごしらえをして、IHコンロで調理します。

調理手順に合わせた、コの字型バリアフリーキッチン

食器棚と冷蔵庫の前では、車いすから安全に立ち上がりたいので、

引き違い扉の食器棚を壁に固定し、手すりを取り付けました。

調理手順に合わせた、コの字型バリアフリーキッチン

キッチンの下部は、車いすで奥まで入れるオープンスペースです。

キッチンの高さを決めるのは難しく、車いすでの調理に合わせるのか、

立っての調理に合わせるのか... 。「逆転の発想」で解決しました。

車いすでの調理を優先させることにし、立っての調理は低すぎるので、

その時は、キャスター付き椅子に座って、調理することとなりました。

調理手順に合わせた、コの字型バリアフリーキッチン

車いすで入ってもひざに当たらない様に、浅型ステンレスシンクです。

シンクが浅いために水はねするので、水に強いウッドタイルの床です。

調理手順に合わせた、コの字型バリアフリーキッチン

キッチンの引き出しは、IHコンロの右手側に作りました。

引き出し上段・中段は浅い高さにし、おたまなどの調理道具を収納し、

最下段には、ボトルを入れるために深い高さにしました。

引き出しの取手は、指にかかりやすい三角形の断面にしました。

コンロの下のワゴンには、フライパン、お鍋、ボールなどを置きます。

調理手順に合わせた、コの字型バリアフリーキッチン

電子レンジとトースターの前には、スライド式の棚を取り付け、

トーストやレンジで温めたものを、そのまま載せることができます。

調理手順に合わせた、コの字型バリアフリーキッチン

一筆書きの様な調理動線の末端は、どこからでも向かうことができる、

奥行きが浅く間口の広い形状の、「ピアノカーブ」のテーブルです。

テーブルの脚は奥にたててあり、車いすでの寄り付きに配慮しました。

いつでもお茶を飲める様に、ポットの定位置はこのテーブルです。

ゆっくりと時間をかけて、自分が食べたいものを自分で調理できる、

バリアフリーキッチンとなりました。